消費者金融にもいろいろタイプがあります

消費者金融というネーミングですっかり定着していますが、実は正式には貸金業者と言います。貸金業者には、大手消費者金融から信販会社のカードローン、地域に根ざした街金まで様々なタイプがあるのです。

大手と街金の一番の違いはローンカードを発行するかどうかです。大手はほぼローンカードを発行し、自社ATMやコンビニATMで借入・返済が容易に行えるメリットがあります。また大手では融資限度額を超えない限り、何度でも借入ができるのです。

一方街金はほぼ銀行振込だけで融資を行い、しかも平日のみという制限があります。また1度融資を受けたらあとは返済のみを行うことになります。ですから新たな融資を受けるには、新たに審査が必要となる場合が多いです。